FC2ブログ

近眼イリオモテ

2018-10-22-Mon-22:07

【 雑記 】 紅楼夢14 終了

 お疲れさまでした。
 去年は台風で大変でしたが今年は見事な秋晴れに恵まれ快適でしたね。スペースまで来てくださった皆様ありがとうございました。差し入れもおいしくいただきました。
 今年は良い位置のスペースを貰えた事もあり、終了一時間程前に持って行ったものは全て完売する事ができました。来年売る分の既刊まで無くなってしまったのは誤算で、こんな事ならもうちょっと多めに刷っておけば良かったと悔やまずにはいられません。とは言え沢山の人に手に取って頂けたのは素直に嬉しいですね。個人的に気付いた点としては例年よりも老若男女の幅が広かったような気がします。自分も含めて高年齢層が増えるのは長寿シリーズの宿命ではありますが、そんな中でも着実に新しい若年層が入り続けているというのは本当に素晴らしい事だと思います。この先も新規が入ってきやすい雰囲気を維持できればいいですね。
 ただジャンル的には年々縮小する秋姉妹島を憂いた去年の嫌な予感が的中してしまい、今年はついに3サークルとなってしまいました。いやぁ……まさか自分がここまで残るとは思わなかった…… 右も左も以前に親交のあるサークルさんで、もはや同窓会みたいな感じです。秋のイベントなんだからもっと盛り上がっても良いと思うんですけどね。ここまで少ないと自分の撤退がジャンルの存亡に直結しかねないだけに逆に抜けにくい雰囲気になってしまいました。う~ん……来年はなに描こうかなぁ…… 部数的には今年は好評と言えますしネタに困りにくい題材でもあるので続けるのもアリだと思うのですが、それは自分の実力だけでは無くスペースの位置に恵まれた部分も大きいと思うので判断が難しいところであります。とりあえず来年も同じ路線でやるなら今年の紅葉を撮るためにすぐ準備を始めなければいけません。忙しない!
 まぁそんな訳で来年どうするかはまだ全然決まっていませんが、できる範囲で秋姉妹島を盛り上げるのに貢献できたらなぁとは思っているので引き続き温かく見守って頂けると嬉しいです。それでは来年またお会いしましょう。
スポンサーサイト



2018-10-17-Wed-20:31

【 イラスト 】 東方紅楼夢(第14回) 新刊情報

今年も間もなく紅葉の季節という事で、京都にある現実の紅葉の名所を秋姉妹と一緒に巡ってデート気分を味わえるイラスト本です。(効果には個人差があります)
今週末の東方紅楼夢で頒布予定で、20ページ500円になります。ちなみに今回は通販や書店委託の予定はありません。



見開きイメージ
181017_03.png 181017_02.png

今年もなんとか新刊が出せる予定になりました。
まぁ毎年この時期は日程が稲刈りと重なるせいでギリギリになるのですが、今年は大阪を直撃した台風21号の後片付けにスケジュールを圧迫されて例年以上に厳しかったです。倒れた木をチェーンソーでバラバラにしたり、その木に当たって倒壊したブロック塀を片づけたり…… なにより一番大変だったのは屋根瓦の修理で、最初の数日間は日中の大半を屋根の上で過ごしました。田舎の農家の家というものは住みやすい訳でもないのに無駄にデカいのでこういう時に困るのです。だから表紙が使い回しなのも仕方ないのだ…… 元々本文で使い回す予定でサークルカットを描きましたが、まさかそれを表紙にも使う羽目になるとは思いませんでした。ただその分本文のほうはカット数的に中々充実したものになったと思います。反面どうしてもこのページのフルカラー本となるとコストが上がってしまうので値段も上げざるを得ませんでした。個人的に500円というのは同人誌のフルプライスという認識なので、上手なサークルさんと比べて未熟な自分が同じ値段を付ける訳にはいかないと思って今まで400円以下での頒布だったのですが、流石に今回ばかりはどうしようもないのでなにとぞご理解をお願いします。
そんな訳で長々と言い訳してしまいましたが、内容自体は納得できるものになったと思っているのでお近くに来られた際はぜひ見に来てやってください。今年は四号館入ってすぐのお誕生日席というアクセスしやすいスペースを頂けたのでなにかのついでにでも立ち寄ってもらえると嬉しいです。それでは当日、四号館 『い-01b』 でお待ちしています。
2017-10-23-Mon-23:31

【 雑記 】 紅楼夢13 終了

お疲れさまでした。
例年は天候に恵まれる事の多かった紅楼夢ですが、今回は台風と重なって大変でしたね。特に遠方からの方は帰路の交通網が麻痺していたようで本当にお疲れさまでした。そしてそんな大変な天候の中スペースまで来てくださった方はありがとうございました。
今回は前々から作りたいと思い続けていた本が作れたので、それを無事にお届けする事ができて良かったです。ただ一点残念だったのは表紙ですね。印刷所さんが期間限定で特殊な紙を安く使えると推していたので試してみたのですが、思ったより色が白っぽくなってしまいました。やはり同人誌の表紙はクリアPPが安定ですね。うん、勉強になった。
近隣のサークルさんも気さくに話に付き合っていただきどうもありがとうございました。と言うか秋姉妹島が年々縮小するせいで来年あたりには話した事のある人だらけの島になりそうな気もしますが。会場で確認したところ今年はたった6サークルだけでしたね。せっかく秋のイベントなのになんでこんな少ないの…… まぁ微力ではありますが自分はこれからもジャンルを盛り上げるのに貢献していけたらと思います。ただ今回で色々とやり尽くしてしまった部分があるので来年以降のネタが全く無い状態なんですよね。どうなるかは全く分からないですが来年までになにかネタが浮かんでいて欲しいものです。それではまた来年お会いしましょう。お疲れさまでした。
2017-10-19-Thu-12:17

【 イラスト 】 東方紅楼夢(第13回) 新刊情報

今週末の紅楼夢、予定していた新刊が無事に出せそうです。
穣子の農業マンガというありふれた内容ですが、リアル農家目線での細かいネタを詰め込みました。普通のマンガの合間に四コマが挟まった形式で、32ページ400円での頒布となります。


サンプル
17101902.jpg17101903.jpg17101904.jpg17101905.jpg
今回はメロンブックスさんのほうでも取り扱っていただいてます。
通販サイトへ


いやぁ、ようやく、ようやく完成しました。
途中で断念する事計三回。大変な難産でしたがなんとか形になりました。
毎年やるやる詐欺でお待たせしてしまった方には本当に申し訳ありませんでした。
なんでそんな事になっていたのかと言うと、この本は自分が初めて作った同人誌のリメイク的な意味のある特別な作品だからです。当時はただでさえ技術や準備が不十分だった上、突然の身内の不幸が重なり本当に悔いの残る出来になってしまいました。それが自分の中でずっと引っかかっており、次は必ず自分自身で納得できる作品を見てもらいたいという気持ちが大きかったからです。じゃあ今回は100%理想通りの作品ができたのかと言うと全然そんな事はないのですが、しかし今の自分の実力なりのものにはなったかと納得しています。まだまだ未熟な部分も沢山ありますが、もしお近くまで来られたら手に取って見て貰えると嬉しいです。それではイベント当日、6号館B-17bにてお待ちしています。
2016-10-31-Mon-23:43

【 イラスト 】 Autumn Halloween

161031

去年の紅楼夢に作った秋姉妹の着せ替え本より抜粋。
線画をちょっと修正してベタ塗り。

久々にベッタベタのアニメ塗りです。
一号影に地の色と全然違う色を置く塗り方がオシャレだな~と思ってマネしてみましたが、色が纏まらなくて結局無難な感じになってしまいました。穣子のほうは大丈夫だったんですが静葉のほうが無理でしたね。どうやらあの配色は黒に近い色と相性が悪いみたいです。そういえばパステル調の淡い色遣いの絵でしか見た事ないような気がします。勉強になりました。
HOME NEXT